今回はシリーズ系統の記事です!

「ポケモンやってみようと思うけど,3値とかよく分からないし~」という人向けです

第一回は「タイプの相性」です

タイプ相性表













こちらがタイプの相性表となります
(それぞれの略称)
普・ノーマル
闘・かくとう
毒・どく
地・じめん
飛・ひこう
虫・むし
岩・いわ
霊・ゴースト
鋼・はがね
炎・ほのお
水・みず
電・でんき
草・くさ
氷・こおり
超・エスパー
龍・ドラゴン
悪・あく


○…効果は抜群だ!(×2.0)
何もなし…メッセージ無し(×1.0)
△…効果は今ひとつのようだ…(×0.5)
×…○○には効果は無いみたいだ…(×0)

複合タイプ(タイプを2つ持つ)のポケモンは相性は乗算となります
(例)

・鋼・虫タイプのポケモンに格闘タイプの技で攻撃
 鋼(×2.0)×虫(×0.5)=1.0

・鋼・虫タイプのポケモンに草タイプの技で攻撃
 鋼(×0.5)×虫(×0.5)=0.25

・鋼・虫タイプのポケモンに炎タイプの技で攻撃
 鋼(×2.0)×虫(×2.0)=4.0

・鋼・虫タイプのポケモンに毒タイプの技で攻撃
 鋼(×0)×虫(×1.0)=0

このようにダメージが変化します

主に相性は省略されることが多いです

効果は抜群だ!
(×2.0)2倍
(×4.0)4倍

効果は普通(表示されない)
(1.0)等倍

効果は今ひとつのようだ…
(×0.5)半減,2分の1
(×0.25)4分の1

効果は無いようだ…
(×0)無効

特性によってもダメージが変わる場合があります

(例)
・浮遊のポケモンには地面技が効かない

・厚い脂肪のポケモンには炎と氷のダメージが半分になる(相性に0.5をかける)


他にも相性だけでなく,攻撃する側のポケモンが自分と同じタイプの攻撃をすると威力が1.5倍になります

(例)
ラティオスの流星群

ラティオスのタイプ ドラゴン・エスパー

流星群のタイプ ドラゴン

流星群の威力(140)×1.5=210

このように,自分と同じタイプの技を入れていると等倍でも大きなダメージになる場合があります

特にドラゴンタイプは鋼タイプ以外には半減にされないので等倍ゴリ押しによく使われます

タイプとその相性をしっかり暗記しなければポケモンバトルで勝つことは出来ないでしょう

以上,第一回初心者のためのポケモン講座でした